オーデマピゲの時計はアンティークと高機能品双方の顔を持つ

世の中に良く知られているように、オーデマピゲは、1875年にスイスで設立された高級腕時計製造メーカーである。

このオーデマピゲは2つの顔を持つ。1つは、高級アンティーク腕時計の製造メーカーとしての顔である。同社の設立が1875年と、スイスの腕時計メーカーとしては古く歴史がある。加えて、同社は、古くからトゥールビヨン、ムーンフェイズといった複雑な機構を持ちながら優美なフォルムの高級腕時計を製造し、また、楕円形ケースによるこの上ない耽美性を追求したものを製造したため、高級アンティーク腕時計愛好家のコレクションの中核をなすに至っている。

もう1つの同社の顔は、現行高機能腕時計製造メーカーとしての顔である。当時ステンレス製の高級腕時計、しかもスポーツタイプなど聞いたことがなく、全世界の腕時計ファンの度肝を抜いた。その形状の説明をすると、八角形のベゼル、ケース、裏ぶたが貫通して固定され、ねじ止めがむき出しになっています。非常に野性的なフォルムが特徴的である。

発売以来、根強い人気を保っていたため、派生タイプも製造された。クロノグラフ機能を持つ、時計や耐水性機能を向上させた時計などである。これら2つの顔を合わせ持つことにより、同社の企業価値は向上し続けているのである。

オーデマピゲは、本当に素晴らしい時計である。現代の若者は知らない方が多いと思いが是非、この時計の素晴らしさを知って欲しいと思います。