初めてAUDEMARS PIGUETを売るときの流れ

AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)は世界的に有名な高級時計ブランドのひとつです。

創業から14年後に開催された第10回パリ万博にて「グラン・コンプリカシオン」という超複雑時計を発表し、技術力の高さが評価され、世界に名を知られるようになりました。オーデマ・ピゲは世界三大高級時計ブランドと称されていることもあり、時計愛好家の間でもその需要は衰えていません。そのため大きな販売網を持っている買取店にとっては、ぜひとも品揃えの中に加えたいブランドと言えるでしょう。

そういった背景もあって、オーデマ・ピゲの時計は買取業者へ売る際に比較検討がしやすいものでもあります。

時計を売る流れとしては、まず買取業者に時計を持ち込み、査定をしてもらいます。業者によっては時計の精度を確認するために一週間ほどかけて査定する場合もあります。そして査定額を提示され、その価格で売るかどうかを交渉することになります。提示される価格は買取業者によって差が出ます。

複数社に査定と見積りを依頼すれば比較検討ができ、交渉の材料にもなるのでおすすめです。ただし複数社に依頼する場合はその分あちこちを回らなければならなくなるため、時間と労力がかかります。そんなときにはネットの一括査定や出張査定、または宅配査定を利用してみましょう。

一括査定であれば簡単に多くの見積りをとることができます。出張・宅配査定であれば少々手間と時間はかかりますが、鑑定士に実際に時計を詳しく見てもらうことができます。どちらのしてもメリットがありますので、都合に合わせて利用すると良いでしょう。

なお、評価や鑑定額の違いは業者の販売方法や販売網によって変わってきます。多くの店舗を持っていたりネット販売をしているなど、数多くの時計愛好家の目に触れる機会のある業者は、買取後に高く売る能力を持っているので比較的高価格で買い取ってくれる傾向にあるようです。